小さい秋は足元で見つかった

白山市のしらやまひめ神社の表参道で、小さい秋をみつけました。 クリのイガが落ちていました。 暑い暑いと言っているうちに夏休みも終わりとなり、もう秋の気配ですね。
小さい秋みつけた

輪島塗:輪島漆器商工業協同組合より

輪島塗 輪島塗の歴史 輪島塗の起源にはさまざまな説がありますが、現存する最古の輪島塗は河井町にある「重蔵権現本殿の朱塗扉」で、室町時代の大永4(1524)年の作といわれています。漆 器の技法そのものは縄文時代にまでさかの