輪島塗:輪島漆器商工業協同組合より

輪島塗 輪島塗の歴史 輪島塗の起源にはさまざまな説がありますが、現存する最古の輪島塗は河井町にある「重蔵権現本殿の朱塗扉」で、室町時代の大永4(1524)年の作といわれています。漆 器の技法そのものは縄文時代にまでさかの

のとじまんの宿 能登島のすてきな民宿や旅館

「のとじまんの宿」のお約束 (by のとじまん会) 一. 地元・能登の海や山の幸を活かした旬の料理を、宿の個性でお出しします。 一. ふるさとに帰った気分になれる、やおち(家族・親戚)のようなおもてなしをします。 一.